れびとらの副作用は効き目の合図

れびとらは2003年バイアグラ発売から五年後にアメリカで発売開始となったED(勃起障害・勃起不全)治療薬です。
他にバイアグラやシリアス等有名なED治療薬がありますが、れびとらは副作用が少なく、食事の影響やアルコールの影響をうけづらく身体への吸収早いのが特徴で、バイアグラと比較して10mgでは5時間、20mgでは10時間程度効能の持続時間があると言われています。

れびとらは、他の薬とくらべ内服後10分程度でその効果が現れるなど即効性が期待できます。
また、れびとらはバイアグラやシリアス等の薬と同様に内服のみでは勃起はしません。
内服後に性的な刺激をうけて始めて勃起を補助する効果を発揮します。

現在日本では「バイエル薬品」より5mg、10mg、20mgの三種類が発売されています。

れとびらの服用方法としては水またはぬるま湯で性交渉約1時間前に内服してください。
一日1回の内服とし、次回内服までに最低24時間以上は空けるようにしてください。
使用量については、自己判断せず医師になるべく相談し指示に従うようにしましょう。

れびとら副作用については、個人差が大きいですが一般的には「頭痛」「鼻水・鼻づまり」「胃痛」「のぼせ」「吐き気」「消化不良」等です。
他にも「動悸」「光に過敏になる」等まれにみられますが、れびとら作用中の4~6時間以内に収まるようであれば心配いりません。
上記の症状も一過性のものや軽度の症状であれば、れびとらの効き目の合図としてとらえて問題ないです。
その他れびとらの効き目の合図としてはれびとらの効果発現と同じくらいに「目の充血」「顔のほてり」があります。

れびとら 副作用は他に四時間を越える継続的な勃起によって陰茎が損傷し勃起機能を永久的に失うことがあります。

以上上記の副作用が重篤な場合は速やかに医師の診察を受ける必要があります。

Art by Medical ServicesMedical CareMedical Health