3月 6, 2015

私たちは体の調子を悪くすれば薬に頼るようになるのですが、その処方された薬はきちんと医師の指示に従って服用しなければ副作用などがついてくるものなのです。 薬は病気を治してくれるとても有効なものであるのですが、その取扱いを一つ間違うと重大な事故につながる事になりかねないことも起こります。 すべての医薬品に関してそのことは言えるのですが、特に注意をしたいのは精神科で処方されるお薬で服用方法をまちがえると異常をきたすようなものが多くあるのです。 精神科で処方されるお薬は抗うつ剤や精神安定剤など、直接神経に働きかけるためそのようなことが起こりやすいとされるのです。 抗うつ剤はうつ病を患った人に投与すれば、セロトニンという物質を出してくれる働きをしますので、気持ちが落ち込んでいる患者さんを元気にしてくれるのです。 精神を患った人たちに、抗うつ剤や精神安定剤はとても有効に働きかけるのですが、患者の服用の仕方が悪いと重大な副作用が現れることになるのです。 精神科のお薬はすべてがそのようなことが起こるわけではありませんので、取り扱い方さえしっかりと管理すればよい効果を発揮し病気を回復に向けていくことができるわけです。 [...]
Read More »

Copyright © れびとらの副作用は危険ではない,All rights reserved.