11月 8, 2015

ED治療薬を使うと、血流が改善されて勃起の可能性がアップします。 EDは完全に勃起しない症状ではなく、ペニスへの血流が不足することで勃起しづらくなる症状です。なので、血流を改善してあげれば正常時と同じような勃起が期待出来ます。 そのために使われるのが、ED治療薬です。EDは恥ずかしい病気で病院に行くのがためらわれると思われがちですが、軽度の患者も含めると、日本だけでも1,800万人もの人が症状に悩んでいると言われています。特に加齢に伴って血流が悪くなるので、40歳以上になると確率が高くなり、60歳以上では2人に1人が症状を自覚しているとされています。 EDの定義は、十分な勃起が得られない、維持できない、満足な性行為が行えない、という条件が、少なくとも3ヶ月以上持続していることです。ただし、外傷や手術などの物理的な要因がある場合にはこの定義から外れ、3ヶ月以前でも診断することが出来ます。 ED治療薬は体に問題があって起こる器質性のED治療によく使われます。例えば、動脈硬化によって起こる血流障害などがそれにあたります。また、糖尿病によって神経が傷ついて性的刺激の信号が脳からペニスに伝わりにくくなっているような状態にも有効だと言われています。 ストレスやトラウマが原因の心因性EDに対しても、治療薬を使うことで勃起の確率をアップ出来るということがわかっています。心因性の場合、性行為に対して自信を失っていることが原因となることもあります。一度治療薬を使って自信を高めてあげることで、自力で勃起する可能性をアップさせます。 治療薬を入手するには、病院で処方を受けるか、ネット通販で購入するという2つのルートがあります。 [...]
Read More »

Copyright © れびとらの副作用は危険ではない,All rights reserved.